『仕事場拝見!』 藍染編
京成曳舟駅に近い墨田区京島は都内でも有数の人口密度の高い町です。
路地を入って行くと下町特有の町並みがあります。
今回は藍染めの技人、藤澤幸宏さんを突然訪ねて行きました。
d0165848_21443012.jpg
ここからも東京スカイツリーの第1展望台の建設中がはっきり見えまぁ~~す!
d0165848_2146560.jpg
以前から梅雨に入ると仕事をしない日が多くなると言っていたので
天気の良い日を選んで行った所、このような天日干しをしていました。
d0165848_21451560.jpg
近年はお祭用の半纏の注文が多く東京近郊だけでなく全国から有るそうです。
この作業は布地に豆乳に墨を混ぜたものを最初に染めて
その後、藍染めを行なうようで昔からその技法でやると、くっきり藍が染まると言っていました。
d0165848_21484676.jpg
藍染め用の串に付け直して行きます。
d0165848_2150487.jpg
天井には形付け用の長板が並んでいます。
次回はその作業の時にお邪魔したいな!
d0165848_2151095.jpg
型紙発見!
d0165848_21514254.jpg
いよいよ藍染めに入ります。初公開の藍の原液です。
サッカー・ワールドカップ・アフリカ大会が開催されていますが、
この藍色がJAPAN BLUEの元とか?
頑張れ!NIPPON!
d0165848_2152257.jpg
藍窯です。右から濃い・中濃・薄いの三つ有りました。
d0165848_2153898.jpg
幼い時、この窯の中に3回落ちたそうです!(笑)
d0165848_21545764.jpg
先ほどの布地を藍窯に入れている作業ですが、手前の砂時計に注目!
人と話したり、ボーとしていると時間を忘れ何回浸けたかわからなくなるので必需品だそうです。(笑)
d0165848_21555293.jpg
『藤澤さんに取って 藍とはなんですか?』と聞いた所
d0165848_21563222.jpg
『夫婦みたいなものかな?』

・・・・・愛?・・・・・お幸せに!

敷地内には、藍の葉が!
d0165848_21574153.jpg
仕事場隣接には『小さな博物館』があり作品や作業工程が見られます。
また、藍染めの体験コーナーもあり多くの方が体験に来られるようです。
d0165848_21595422.jpg
今回はたくさんの工程の中より一部の作業しか取材出来ませんでしたが
藤沢さんご協力ありがとうございました。
これから夏祭りの後半、そして秋祭りの半纏でお忙しい日々が続きますが伝統の藍染め頑張って下さい。

私の一言・・・・・『まぁ~~手間がかかるなァ~~~』
この言葉は、恐らくこの先も何回と出てくるでしょう!


裏技 人
藍色の印象強い仕事場ですが、それにそぐわないショッキングピンク!
本格派のオンロード自転車を発見!!
お嬢さんの自転車だそうです、カッコイイ!!
d0165848_22101872.jpg
染場の横では若者がテニスラケットのガットを張っていました。
藤澤さんは趣味でテニスサークルに入っていて、よくプレイしているそうです。
何とこのマシーンは藤澤さんの物で、数十万円とか!?
藍染技人!本気テニスプレイヤーのスポーツマンでした!
d0165848_2215534.jpg

[PR]
by sumidahozonkai | 2010-06-22 00:00 | 技人


<< 江戸東京たてもの園 実演のお知らせ 技人体験教室 >>